IT企業・システム会社・ソフトハウスの業績アップのノウハウがここにある!船井総合研究所 IT企業コンサルティングチーム

株式会社船井総合研究所ロゴ
ITベンダードットコム
お問い合わせ お問い合わせボタン

ホーム > セミナー情報 > セールスフォースで儲けるための 7つの真実 公開セミナー 2013年2月8日(金)大阪

セミナー情報

セールスフォースで儲けるための 7つの真実 公開セミナー 2013年2月8日(金)大阪

セールスフォースで儲けるための7つの真実 公開セミナー 大阪


「セールスフォースはクラウドのビジネスとしては面白いけど、儲からないよね?」

セールスフォースに対してそのようなイメージを持っているとしたら、このご案内はあなたの認識を覆すものとなるでしょう。

こんにちは。
船井総研の斉藤です。

IT企業経営者の方とクラウドのお話させてもらうと、セールスフォースの話題が結構出てきます。

その際に、「あれ、この人誤解しているな」「それは2,3年前の話だけど・・・」と思うことが多々あります。

どうやら、セールスフォースについて誤解していることが多いようです。
よくある誤解を整理してみると・・・

【誤解1】高いから売れない
「セールスフォースは高いから売りにくい」とおっしゃる人がいますが、それは明らかに売り方が悪いのです。実際に、多くの中小・零細企業に導入されているわけで「高いから売れない」わけではないのです。
では、安くできたら売れるのか?おそらく売れないでしょう。そもそも、売り方のアプローチやセールストークが違うのです。セールスフォースのCRMは価格訴求すべきものではありません。

【誤解2】儲からない
確かに、ライセンスの紹介料やインプリだけでは儲かりません。サポートビジネスやストック(積み上げ)型で収益が入る仕組みを作る必要があります。
この点については、セールスフォース社と共同でそのようなスキームを作り上げることができたので、少し前とは状況がかなり変わっています。

【誤解3】中小・零細企業には売れない
誤解1のところでも申し上げたとおり、多くの中小・零細企業にセールスフォースは導入されています。むしろ、ライセンス料の負担が軽い中小・零細企業のほうが、中堅企業よりも導入しやすいと言えます。

【誤解4】使いづらい
「セールスフォースはアメリカで生まれたシステムだから日本人には使いづらい」これもよく聞きます。確かに、数年前は使いづらかったと思います。しかし、セールスフォースは年間4回バージョンアップしており、常に進化しています。
しかも、導入後にシステムの変更が可能なため、使えば使うほど、使いやすいものに変えていける。ここがセールスフォースの強みの1つです。

いかがでしょう?
あなたは間違った認識を持っていませんでしたか?

真実は、自分の目で見て触ってみないとわからないものです。

この1年間、セールスフォースを活用したビジネス展開の支援をさせていただいて、わかった真実についてお伝えするセミナーをご用意しました。

SES、受託開発の次のビジネスを模索している方、新しい収益源を作りたいとお考えの方は、間違いなく参考になるでしょう。

今回のセミナーでは、セールスフォースで儲けるための7つの真実についてお伝えします。

2013年~2015年はクラウドビジネスが急成長するタイミングです。
このチャンスを一緒につかみましょう。


開催要項・お申込み

テーマ

『セールスフォースで儲けるための7つの真実』公開セミナー

主催

株式会社セールスフォース・ドットコム アライアンス本部

ゲスト

株式会社船井総合研究所、ウフル

日時 2013 年 2 月 8 日(金) 受付終了しました
場所

ガーデンシティクラブ大阪 (大阪駅徒歩 5 分:ハービスOSAKA 6 F)
〒530-0001 大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA 6F

定員 30名
料金 無料

ページの先頭へ

<< 一覧へ戻る