IT企業・システム会社・ソフトハウスの業績アップのノウハウがここにある!船井総合研究所 IT企業コンサルティングチーム

株式会社船井総合研究所ロゴ
ITベンダードットコム
お問い合わせ お問い合わせボタン

ITベンダー経営.com > コンサルタントの視点 コラム > マネジメント

コラム

あなたの会社は大丈夫?いまいち伸び切れない会社7つの共通点(2) 斉藤 芳宜【マネジメントコラム 2016-07-21】

4.属人性の高い仕事が売上の大半を占めている


属人性の高い仕事とは、ある特定の人じゃないとできない仕事のことです。


仮に、その人が会社を辞めてしまったり、病気でしばらく会社に来れなくなってしまった時に、会社がまわらなくなる可能性があるとしたら、それは大変なリスクです。


また、そのような仕事は、代わりの人がいないため、仕事のキャパシティを大きくできません。


まして、そのような仕事が売上の大半を占めているとしたら、会社の業績を伸ばすことは難しいでしょう。


業績が伸び悩んでいる時は・・・

>> 続きはこちら

あなたの会社は大丈夫?いまいち伸び切れない会社7つの共通点(1) 斉藤 芳宜【マネジメントコラム 2016-06-30】

船井総研では、5000社以上の会社さんとお付き合いをしているわけですが、中には、めちゃくちゃ伸びていく会社さんもあれば、いまいち伸び切れない会社さんもあります。


成功事例を学ぶことも大事ですが、失敗事例から学ぶことも多いです。


今回は、失敗事例をお伝えし、反面教師にしていきたいと思います。



1.今までの成長要因に自信がある


小成功病とでもいいましょうか。
このパターンは意外と多いですね。


過去の成功体験を捨てられない。


中途半端に成功してしまったがために、新しいチャレンジができなくなってしまっているのです。


企業が成長する際・・・

>> 続きはこちら

役職者の自覚の育て方 兎澤 直樹【マネジメントコラム 2015-11-20】

こんにちは。
船井総研の兎澤(とざわ)です。

みなさんの会社の中には、
役職者の方がいらっしゃることと思います。

経営者としての目から見られて、
役職者の方々は十分にその自覚をお持ちと感じますでしょうか?

十分であると感じられているのであれば、
とても素晴らしいことだと思いますが、
多くの経営者様は、「もっと強い自覚を持って欲しい」
感じられているように思います。

最近、何件かのクライアント様先で、
そのようなご相談を受けました。

一朝一夕にはなかなか解決の難しい問題です。

意外と多いのは、なんとなく年功序列的
「主任」「課長」「リーダー」「部長」「マネージャー」
などと役職をつけているケースです。

これでは、自分自身の出世や昇給しか考えられず、
部下を育成するなどの自覚が生まれにくいのです。

しかし、
役職者の自覚を育てるための優れた方法
があるのです。

それは、

>> 続きはこちら

働きがいのある仕事を創るには? 細井 錦平【マネジメントコラム 2015-10-23】

◇顧客に業者扱いされる
◇価格調整が仕事になっている
◇顧客が簡単に他社に乗り換える
◇心から「ありがとう」とあまり言われない


こんな仕事をしていたら
社員はやりがいを持って
イキイキ働くことはできないですよね。


こんな状況になってしまう根本的な原因はなんでしょう?

>> 続きはこちら

離職率を下げる方法 兎澤 直樹【マネジメントコラム 2015-05-26】

こんにちは。
井総研の兎澤(とざわ)です。
人材獲得競争が激化している今、
未来のためにいかに良い人材を定着させられるかというのはとても大切な問題です。
そこで注目すべきは離職率です。

みなさんの会社には、離職率目標はありますか?

実は、船井総研にも離職率の目標数値があります。
職率の高いコンサルティング業界において、7%を目指しているのです。
「離職率を下げたい」という会社様は多いと思います。
しかし、問題はその方法です。
私のご支援先のある会社様では、離職率を下げるために、あることを実践されています。

何を実践されているかというと、

>> 続きはこちら

<< 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8

ページの先頭へ