IT企業・システム会社・ソフトハウスの業績アップのノウハウがここにある!船井総合研究所 IT企業コンサルティングチーム

株式会社船井総合研究所ロゴ
ITベンダードットコム
お問い合わせ お問い合わせボタン

ホーム > コラムマネジメント > あなたの会社は大丈夫?いまいち伸び切れない会社7つの共通点(1) 斉藤 芳宜【マネジメントコラム 2016-06-30】

コラムマネジメント"

あなたの会社は大丈夫?いまいち伸び切れない会社7つの共通点(1) 斉藤 芳宜【マネジメントコラム 2016-06-30】

船井総研では、5000社以上の会社さんとお付き合いをしているわけですが、中には、めちゃくちゃ伸びていく会社さんもあれば、いまいち伸び切れない会社さんもあります。


成功事例を学ぶことも大事ですが、失敗事例から学ぶことも多いです。


今回は、失敗事例をお伝えし、反面教師にしていきたいと思います。



1.今までの成長要因に自信がある


小成功病とでもいいましょうか。
このパターンは意外と多いですね。


過去の成功体験を捨てられない。


中途半端に成功してしまったがために、新しいチャレンジができなくなってしまっているのです。


企業が成長する際、同じやり方で成長し続けるわけではありません。


企業規模や企業のステージに応じて、成長要因も変わってきます。


過去に囚われずに、新たな成功事例を学び、新しいチャレンジを行う必要があります。



2.現場を社員に任せきれない


現場からなかなか抜け出せない社長。


このような会社も伸びきれない会社によくあるパターンです。


社長が現場にドップリ入っている場合、売上で2億~3億円くらいまではいきますが、そこで頭打ちになってしまいます。


さらに成長していこうと思ったら、現場を社員に任せて、社員に稼いでもらう仕組みをつくらなければいけません。



3.現場で稼いできた人を管理職にしている


プレーヤーとして優秀な人がマネージャーとしても優秀かというと、そうでもありません。


むしろ、弊害になるケースも多いものです。


優秀な人が自分の基準で物事をみてしまうと、成果を出せない部下のことが理解できません。


オレはこうやって成果を出してきた!
なんでそれができないんだ!


となって、できない部下にイライラしてしまい、怒鳴りつけて、部下のモチベーションが下がる。


そんなことが現場で起きてしまいます。


優秀なマネージャーは、現場をサポートできる人。

現場が成果を出すために応援できる人です。


そのあたりは注意が必要です。



4.属人性の高い仕事が売上の大半を占めている



(続く)



▼その他のコラム(各ジャンル随時更新中!)


マーケティングコラム一覧


マネジメントコラム一覧


経営コラム一覧


業績アップコラム一覧


ビジネスモデルコラム一覧




(斉藤芳宜ブログより)

コラム執筆者のプロフィール

斉藤芳宜

船井総合研究所 IT企業コンサルティングチーム
グループマネージャー 斉藤芳宜

 

福井県出身。神戸大学経営学部卒。中小企業診断士。
大手通信会社においてIT関連の新規事業立ち上げのチームリーダーを経て、船井総研に入社。
現 在、船井総研・IT企業コンサルティングチームにおいて、特に即時業績アップにつながるコンサルティングを得意とする、IT・ソフト開発会社専門コンサル タントである。「答えは現場にしかない」という信念のもと、年間250日以上を現場での調査と業績アップ支援に充てている。IT企業経営者向け総合情報サ イト「ITベンダー経営.com」の運営統括責任者であり、全国のIT企業経営者を組織化し、オンリーワン高収益企業の輩出を目指す勉強会「ITベンダー 経営研究会」を主宰している。

斉藤芳宜のブログはこちら 》

斉藤芳宜のフェイスブックはこちら 》

無料メールマガジン登録

「船井総研発!IT企業業績アップ通信」

弊社のセミナー情報や商品情報などいち早く入手することができます。
配信希望の方は、今すぐご登録ください!(登録無料)

メールマガジン登録はこちらから

<< 一覧へ戻る