IT企業・システム会社・ソフトハウスの業績アップのノウハウがここにある!船井総合研究所 IT企業コンサルティングチーム

株式会社船井総合研究所ロゴ
ITベンダードットコム
お問い合わせ お問い合わせボタン

ITベンダー経営.com > コンサルタントの視点 コラム > 経営

コラム

【新刊】【重版決定】拙著:「小さな会社のIT担当者のためのセキュリティの常識」が発刊されました 那須 慎二【経営コラム 2016-1-14】

本年の1月13日に、拙著「小さな会社のIT担当者のためのセキュリティの常識」
発刊されました(以下、出版社であるソシム様のサイトです)。
ttp://www.socym.co.jp/book/1018


13日から徐々に全国の店頭で販売される拙著であるにも関わらず、予約時点で
4,000冊の初版本が(配本した書籍を除くと)全て完売し重版が決定した、
とのご報告を受けました。

場に出る前から、予約注文で出版社様の在庫がなくなるのは異例で、
非常に驚いております。

既にご購入くださった方は、本当にありがとうございます!


これもひとえに、中小企業に向けたサイバーセキュリティ問題と、
具体的な解決先を求めている
場のニーズがあるからだと思います。

本書は、従業員数100名以下の企業様をサイバーセキュリティの
被害から守るためにどうすればよいのか。。。
を真剣に考えて、具体的な対策方法にまで踏み込んだ、
実践的なセキュリティ対策本にしました。


昨年は全国の至るところで、中小企業向けのサイバーセキュリティ対策や、
マイナンバーに対する講演
を行いました。

講演後にサイバー被害相談に応じることも多く
(例えばネットバンキングの正送金被害に遭ってしまったり、
身代金ウィルスでデータが喪失してしまったり、買い物詐欺に引っかかったり。。。)、
具体的な対策を知らない方が多すぎることに、非常に危機感を覚えました

>> 続きはこちら

来年のことを考える前にやるべきこと 兎澤 直樹【経営コラム 2015-12-24】

こんにちは。
船井総研の兎澤(とざわ)です。

もうあっという間に年の瀬ですね。

2015年は、あなたにとってどんな年でしたか?

年初に立てた目標や行動計画は、達成できましたか?

できた方もいれば、そうでない方もいらっしゃると思います。

いろいろな思いがあるでしょう。

中には、「年初に立てた目標って何だったっけ?」
という方もいるかもしれません。

このような方も意外と多いと思いますが
、やはりそれでは達成はできないでしょう。

来年もそうならないように、
年の目標や行動計画を考える前にやるべきことがあります。

それは、

>> 続きはこちら

成熟業種で成長するために必要な10のポイント(アメリカ視察での気づき)(3) 那須 慎二【経営コラム 2015-12-18】

成熟業種で成長するために必要なポイント 2つめは

「ビジネスにおける価値観(ポリシー・哲学)を根底から見直す」
ここで必要なのは、「自分の内面との対話」です。 船井総研の創業者である船井幸雄氏は、 「企業はトップ(経営者)で99%決まる」 と言いました。 経営者の考え方、価値観が、会社組織に反映される。 まさに、企業とは経営者の考え方をダイレクトに 表現した鏡のようなもの、と言えるかも知れません。 「経営者の想い」や「考え方」、 「価値観」がダイレクトに「経営理念」となり、 そこから5年~10年先の方向性である「ビジョン」が形成されます。 形成されたビジョンから、会社として社会に提供するものである 「ビジネスモデル」が作られ、

>> 続きはこちら

脅威を増すサイバーセキュリティ被害 兎澤 直樹【経営コラム 2015-12-08】

こんにちは。
船井総研の兎澤(とざわ)です。

セキュリティ被害が増加しています。

先日も、「vvvウィルス(通称)」いうランサムウェアが
Webのニュース記事やTwitterやFacebookなどで話題になりました。

ランサムウェアというのは、通称「身代金ウィルス」と呼ばれるもので、
保存しているデータが暗号化され、使えなくなってしまいます。

そして、「暗号化の解除をする代わりに金を払え」と身代金を要求する手口です。

個人を標的にしたもので3~6万円くらい
法人を標的にしたもので30万円くらいを要求するのが一般的です。

自力で暗号化するのは、ネットワークやパソコンに詳しいエンジニアでも
非常に困難で、金銭を支払ってもデータが復旧する見込みは薄いと言われています。

最悪、金銭は良いとしても、データを復旧できなくなるのが恐ろしい部分です。

私も全国で中小企業経営者に対して、情報セキュリティ対策のセミナー講師を
年100回以上やっていますが、「これから確実にこの手口は増えますよ」
としきりに注意喚起してきた手口です。

徐々にこうしたメディアへの露出によって認知度も高まっていくことでしょう。

こうした情報被害に逢わないためには、

>> 続きはこちら

2016年に向けて起きる変化 長島 淳治【経営コラム 2015-12-04】

12月に入りました。
2015年も終わります。

2016年はどんな年になるのでしょうか?
ITという側面から考えると、その変化は非常に大きく
業界構造も含めて、さらに形を変えていくでしょう。

先日、ロボットに取って代わられる仕事という
予測が発表されました。

どこまでが現実になるかは不明ですが
それでも、そんな予測が笑い話では無いほど
環境の変化は待ったなしで押し寄せています。

私も2016年に向けて、どんな変化が起きるのか。
テクノロジーの流れからも考えていました。

キーワードとしては『CtoC』
まさに、会社という枠組みが、あまり意味を成さない
そんな社会へと変貌するのではないかと考えています。

>> 続きはこちら

1 2 3 4 5 6 7 8

ページの先頭へ