IT企業・システム会社・ソフトハウスの業績アップのノウハウがここにある!船井総合研究所 IT企業コンサルティングチーム

株式会社船井総合研究所ロゴ
ITベンダードットコム
お問い合わせ お問い合わせボタン

ITベンダー経営.com > コンサルタントの視点 コラム > ビジネスモデル

コラム

クラウド時代の企業のあり方とビジネスモデル(4) 斉藤芳宜【ITビジネスモデルコラム 2013-03-28】

4.世のため人のため


これからの時代は「やり方」よりも「あり方」が問われる時代になってくると思います。


ライブドア事件で、世の中の拝金主義に疑問符が付き、東日本大震災で人々の価値観が大きく変わることになりました。


儲かれば何をしてもいいという発想は急速に受け入れられなくなり、世のため人のためになることに人々は共感するようになりました。

>> 続きはこちら

クラウド時代の企業のあり方とビジネスモデル(3) 斉藤芳宜【ITビジネスモデルコラム 2013-03-24】

3.自立・自走できる人材の育成


強い組織にいる人材に共通する点は、「主体的に動ける」ということです。


逆に、指示待ちであったり、受身であったりする人材が多い組織は脆弱です。新しいものを産み出すことができません。

>> 続きはこちら

クラウド時代の企業のあり方とビジネスモデル(2) 斉藤芳宜【ITビジネスモデルコラム 2013-03-12】

これからは売上ではなく、利益重視の経営に変えていく必要があります。


その場合、絶対に必要になってくるのが、『減収増益戦略』です。



『減収増益戦略』とは何か?

>> 続きはこちら

クラウド時代の企業のあり方とビジネスモデル(1) 斉藤芳宜【ITビジネスモデルコラム 2013-03-12】

3/5~3/6にかけて、私たちが主宰する「ITベンダー経営研究会 」の目玉イベントである『モデル企業視察バスツアー』を開催しました。


今回訪問したのは、以下の注目企業です。


株式会社サテライトオフィス
株式会社モノサス
株式会社セールスフォース・ドットコム
株式会社グループス(gloops)
株式会社ダンクソフト


この取り組みは船井総研の伝統的な取り組みで、業績好調でモデルとなる企業を訪問し、社長から直接話を聞くというものです。

>> 続きはこちら

最短距離で成果を出す最も効率的で確実な方法 斉藤芳宜【ITビジネスモデルコラム 2013-03-01】

「成果を出すための一番の近道はなんですか?」



と言われたら間違いなくこう答えます。



「モデルを見つけて真似ること」

>> 続きはこちら

1 2 3 4 5 6 7 8

ページの先頭へ