IT企業・システム会社・ソフトハウスの業績アップのノウハウがここにある!船井総合研究所 IT企業コンサルティングチーム

株式会社船井総合研究所ロゴ
ITベンダードットコム
お問い合わせ お問い合わせボタン

ホーム > コラム ビジネスモデル > 永久に変化をしなくても良いビジネスの作り方 八角 嘉紘【ビジネスモデルコラム 2015-09-03】

コラム ビジネスモデル

永久に変化をしなくても良いビジネスの作り方 八角 嘉紘【ビジネスモデルコラム 2015-09-03】

ご無沙汰しております。
船井総研の八角(ホスミ)です。

かなりの期間執筆が滞ってしまっていました・・・
再開です。


企業経営・ビジネスの基本は「時流適応」です。


時流に適応している企業は事業を回している方が
たとえ人並みであっても順調に成長することが可能です。

反対に時流不適応の企業はいかに優秀な営者やスタッフでも
成果を上げるのは難しいものです。


現在の市場は凄まじい速さで変化しており、時流に乗ったと思えば、
次に新たな時流がやってきて取り残されてしまうこともよく起こります。

世の中の変化に適応して変化し続けることが難しいのであれば、
世の中が変化しても、
自社は変化しなくても良いビジネス
見つけるしかありません。

これを船井総研では「永久化主義」といいます。

では永久に変化しなくても良いビジネスは
どのように生み出すのでしょうか・・・



結論から言います。
市場競争で言えば、シェア42%を出来るだけ早く獲得し、
寡占化状態にしておくということです。


船井総研では永久化主義の決め手は「人間性主義」にある
と昔から言われています。

人間性の発展は

1) 自分だけで他人のことは考えない。



2) 自分中心だが、他人のことも考える。



3) 人中心に、自分をその中に含めて考える。

という順番に発展していきます。

そしてこの発展形態が、やがて永久化主義、つまり、
変化しなくても良い状態に結びつくとされています。


自分だけよりも、
他人も含め、他人中心に物事を考えるところに
永久に変化しなくても良いビジネスが隠されています。
(変化しなくても良いと言っても、厳密には変化は必要でしょうが)


IT業界に限らず、「プラットフォームを取る」という考えは
他人(ユーザー)中心と非常に根本が似ていますね。

「永久化主義」の実現は「人間性主義」が肝要です。



▼その他のコラム(各ジャンル随時更新中!)


マーケティングコラム一覧


マネジメントコラム一覧


経営コラム一覧


業績アップコラム一覧


ビジネスモデルコラム一覧



(八角 嘉紘ブログより)


コラム執筆者のプロフィール

八角 嘉紘

船井総合研究所 IT企業コンサルティングチーム
チームリーダー 八角 嘉紘

 

入社以来、弁護士、税理士などの士業事務所、や中小・大手物流企業、IT企を中心としたB2BのWebコンサルティングに従事。 現在は業種をIT企業に特化し、自身の得意とするWebマーケティングを軸にコンサルティング活動を行なっている。 「船井総研IT企業コンサルティングチーム」のWebマーケティングをメインで担当しており、 徹底した調査のもとに設計・企画に重きをおいたIT商材に特化した独自のWebノウハウを数多く保有している。

八角 嘉紘のブログはこちら 》

八角 嘉紘のフェイスブックはこちら 》

無料メールマガジン登録

「船井総研発!IT企業業績アップ通信」

弊社のセミナー情報や商品情報などいち早く入手することができます。
配信希望の方は、今すぐご登録ください!(登録無料)

メールマガジン登録はこちらから


<< 一覧へ戻る