IT企業・システム会社・ソフトハウスの業績アップのノウハウがここにある!船井総合研究所 IT企業コンサルティングチーム

株式会社船井総合研究所ロゴ
ITベンダードットコム
お問い合わせ お問い合わせボタン

ホーム > コラム > ■ゴミ箱直行を防ぐメール文章の書き方(1) 斉藤 芳宜【マーケティングコラム 2016-05-23】

コラム

■ゴミ箱直行を防ぐメール文章の書き方(1) 斉藤 芳宜【マーケティングコラム 2016-05-23】

マーケティングオートメーションでは、メールを活用したマーケティングがメインになってきます。


では、皆さんのメールの受信トレイはどうなっているでしょうか?



受信トレイの中を見ていると、「送信者」と「件名」が表示されていると思います。


逆に言うと、「送信者」と「件名」しか表示されていないということです。


これは、大きな注意が必要です。


つまり、ほとんどのメールは「送信者」と「件名」だけで、読むべきものか、ゴミ箱行きか、を判断しています


そこを理解していないと、ゴミ箱行きを避け、開封してもらえるメールを書くことはできません。



「送信者」で注意したいのは、個人名にするということです。


ここで、会社名や○○事務局などと記載されていると、売り込みのための情報提供かなと思ってしまいます。


また、送信者を女性の名前にすると、開封率が上がる、というデータもあります。

(男性の悲しい性なのか。。。)


いずれにしても、メールやDMは「私信風」にすることがポイントですから、送信者は個人名を設定いただきたいです。



次に、「件名」ですが、ここでしかメールの中身を判断できないわけですから、件名には読み手の興味をそそるような言葉、いわゆるキャッチコピーが必要になります。


件名で気をつけたいのは、以下の6つのポイントです。



1.興味を惹く何か


2.メリット


3.成功事例


4.数字


5.緊急性


6.単なる案内にしない



(続く)



▼その他のコラム(各ジャンル随時更新中!)


マーケティングコラム一覧


マネジメントコラム一覧


経営コラム一覧


業績アップコラム一覧


ビジネスモデルコラム一覧




(斉藤芳宜ブログより)

コラム執筆者のプロフィール

斉藤芳宜

船井総合研究所 IT企業コンサルティングチーム
グループマネージャー 斉藤芳宜

 

福井県出身。神戸大学経営学部卒。中小企業診断士。
大手通信会社においてIT関連の新規事業立ち上げのチームリーダーを経て、船井総研に入社。
現 在、船井総研・IT企業コンサルティングチームにおいて、特に即時業績アップにつながるコンサルティングを得意とする、IT・ソフト開発会社専門コンサル タントである。「答えは現場にしかない」という信念のもと、年間250日以上を現場での調査と業績アップ支援に充てている。IT企業経営者向け総合情報サ イト「ITベンダー経営.com」の運営統括責任者であり、全国のIT企業経営者を組織化し、オンリーワン高収益企業の輩出を目指す勉強会「ITベンダー 経営研究会」を主宰している。

斉藤芳宜のブログはこちら 》

斉藤芳宜のフェイスブックはこちら 》

無料メールマガジン登録

「船井総研発!IT企業業績アップ通信」

弊社のセミナー情報や商品情報などいち早く入手することができます。
配信希望の方は、今すぐご登録ください!(登録無料)

メールマガジン登録はこちらから


<< 一覧へ戻る