IT企業・システム会社・ソフトハウスの業績アップのノウハウがここにある!船井総合研究所 IT企業コンサルティングチーム

株式会社船井総合研究所ロゴ
ITベンダードットコム
お問い合わせ お問い合わせボタン

ホーム > コラム > マーケティングオートメーションで威力を発揮するライティング術(6) 斉藤 芳宜【マーケティングコラム 2016-05-06】

コラム

マーケティングオートメーションで威力を発揮するライティング術(6) 斉藤 芳宜【マーケティングコラム 2016-05-06】

何のためにライティングするのか?



なんだか根本的な質問ですが、何のためにライティングするかというと・・・


読み手の心を動かし、行動を起こさせるため


です。


読み手の心を動かし、行動を起こさせるための大前提は、



「先に与える」です。



ライティングのテクニックで、相手を動かしてやろうと思っても、なかなかうまくいかないものです。


ライティングは、あくまでも顧客と良好な関係を築くためのものです。


良い関係を構築するためには、"コツ"があります。



その"コツ"というのが・・・「先に与える」ことです。



相手にお願いをする時、行動を起こしてもらいたい時は、先に与えるというスタンスが重要です。


まずは与えないと相手は動いてくれません。


ライティングでも同じです。


相手に行動を起こしてもらいたいのであれば、先に何か価値あるものを与える必要があります。


例えば・・・



・業界の最新動向


・業界の未来予測


・業界の成功事例


・効果の出るノウハウ


・失敗しないためのノウハウ などなど



つまり、価値ある情報


ライティングを通じて、読み手に提供したいのは価値ある情報です。


ライティングの際には、自分たちがどのようなノウハウを持っていて、どのような価値ある情報を提供できるのか、しっかり考える必要があります。



相手に行動してもらおうと思ったら、先に与える。


ギブ&テイクではなく、ギブ&ギブの精神がそこにはあります。




(続く)


▼その他のコラム(各ジャンル随時更新中!)


マーケティングコラム一覧


マネジメントコラム一覧


経営コラム一覧


業績アップコラム一覧


ビジネスモデルコラム一覧




(斉藤芳宜ブログより)

コラム執筆者のプロフィール

斉藤芳宜

船井総合研究所 IT企業コンサルティングチーム
グループマネージャー 斉藤芳宜

 

福井県出身。神戸大学経営学部卒。中小企業診断士。
大手通信会社においてIT関連の新規事業立ち上げのチームリーダーを経て、船井総研に入社。
現 在、船井総研・IT企業コンサルティングチームにおいて、特に即時業績アップにつながるコンサルティングを得意とする、IT・ソフト開発会社専門コンサル タントである。「答えは現場にしかない」という信念のもと、年間250日以上を現場での調査と業績アップ支援に充てている。IT企業経営者向け総合情報サ イト「ITベンダー経営.com」の運営統括責任者であり、全国のIT企業経営者を組織化し、オンリーワン高収益企業の輩出を目指す勉強会「ITベンダー 経営研究会」を主宰している。

斉藤芳宜のブログはこちら 》

斉藤芳宜のフェイスブックはこちら 》

無料メールマガジン登録

「船井総研発!IT企業業績アップ通信」

弊社のセミナー情報や商品情報などいち早く入手することができます。
配信希望の方は、今すぐご登録ください!(登録無料)

メールマガジン登録はこちらから


<< 一覧へ戻る