IT企業・システム会社・ソフトハウスの業績アップのノウハウがここにある!船井総合研究所 IT企業コンサルティングチーム

株式会社船井総合研究所ロゴ
ITベンダードットコム
お問い合わせ お問い合わせボタン

ITベンダー経営.com > IT企業コンサルティングチームからみなさまへ

IT企業コンサルティングチームからみなさまへ



Policy

船井流経営法による成功の3条件
船井流経営法の根幹を成す、企業・個人の成功の3条件は以下の通りです。
勉強好き 素直 プラス思考
船井総研の基本思想
社会性の追及
なるべくたくさんの人を雇うこと、顧客の欲する商品及びサービスを提供し続けること
教育性の追及
従業員の人間性を引き出し、高めていくことにより、社会に役立つ人間を育てていくこと
収益性の追求
元手(資本金)に対する適正利益を得ること、儲からないことは最初からやってはいけない
現場主義

当社では「すべての答えは現場にある」という考えに基づき、コンサルティングを行っております。あらゆる問題点の原因と結果はすべて現場に集約されています。
また、いくら優れた戦略を構築したとしても、現場でそれが受け入れられなければ、その戦略の実効性は限りなく低くなってしまいます。
そのような視点から、船井総研では、現場を最も重要と考え現場において情報の収集・分析・支援まで行います。

時流適応

時流をマクロに捉え柔軟に適応することが、経営を成功に導く正攻法です。
「適応」とは、環境の変化に後手後手に対応することではなく、時流を先取りすることであり、そのためには業界の体質や特殊性にとらわれず、幅広い視野からビジネスチャンスを模索し、自社の事業として取り組んでいくことが重要となります。

長所伸展

多くのコンサルティングファームではクライアントの弱みやマイナス面にのみ着目し、それを改善することのみに腐心するケースが散見されます。
弱みを「平均点以上」にすることは当然必要なこととしながらも、
船井総研ではより「強み」に対してフォーカスし、これを活かすという視点から支援を行うことも大きな特徴です。

力相応一番化

船井総研を代表する考え方のひとつに「力相応一番化」の原則があります。競争が激しくなればなるほど、お客様は一番にしか集まらなくなるのです。
クライアントが商圏内で何を持って一番になのか、それは自社の力に相応しているのかを見極めながら、最適なマーケティングを展開していきます。
多くの計画書や報告書は美しいが実現不可能な場合が多いといわれます。
船井総研では、そのクライアント先に応じた計画を提案、その実現までをお手伝いします。

過去オール善

計画策定のディスカッションを進めていくと、ややもすると過去の「悪者」探しに話が発展してしまうことが少なくありません。「何が原因であったか」よりもむしろ、現状を客観的に認めた上で「今後はいかにすべきか」を議論し、戦略や施策を検討する方法を採用します。
船井総研のコンサルティングでは、「過去オール善」の方針に基づき、クライアントがこれまでに歩んできた道を一切否定せず現状を肯定するところからコンサルティングがスタートします。



船井総研の他社との違い


他のコンサルティングファームに依頼した場合各コンサルティングファームの方向性に差異が生じ、整合性に課題が発生・・・船井総研のコンサルティングに依頼した場合戦略の構築から現場での定着まで、一貫したサポート!

無料メールマガジン登録

全国のIT関連業 経営者・幹部が読んでいます。

「船井総研発!IT企業業績アップ通信」

あなたの会社が業績アップするための具体的なノウハウ・ヒント満載で
お送りして います。
弊社のセミナー情報や商品情報などいち早く入手することができます。

メルマガ配信希望の方は、今すぐご登録ください!
メールマガジン登録はこちらから

ページの先頭へ